化学分析・生命科学系

示差熱天秤(TG-DTA)

tg8120
メーカー株式会社リガク
型番(形式)TG8120
設置場所22号館314室
管理室熱分析室
公開範囲学内外

TG(熱天秤、Thermo-Gravimetry)は、試料を一定速度で加熱、冷却しながら、その重量を連続的に測定する技術です。試料の重量変化と温度の関係から、分解、酸化、還元、昇華、吸着、脱着などの反応に関する情報が得られます。  DTA(示差熱分析、Differential Thermal Analysis)は、試料と基準物質を同一の熱的条件で加熱、冷却し、両者の間に生じる温度差を精密に測定する技術です。通常TGとDTAは一体となっており、TG―DTA装置と呼ばれます。

装置性能および仕様

ホルダの型ツインホルダ
測定温度範囲室温~1300℃
測定雰囲気大気、不活性ガス、ガスフロー
試料量最大 1g
TGレンジ±0.1~±250mg / フルスケール
分解能0.1μg
DTAレンジ±1.5~±1000μV / フルスケール
加熱炉抵抗炉

分析対象

状態液体、固体
物質有機物、錯体、高分子、セラミックス、無機物、金属、一般薬品、合成繊維

■分析不可

爆発性物質、発火性物質

検索キーワード