共同工作室(ガラス工作室)

  • 機器名ガラス旋盤
    メーカー
    型番(形式)
    設置場所22号館
    公開範囲学内外

ガラス(パイレックス・石英)を用いた教育・研究用の実験装置・機器の製作・修理を行っています。

依頼工作

ガラスを用いた教育・研究用の実験装置・機器の製作・修理を行っています。
・石英管・パイレックス管の加工、修理 加工例」 「修理例」

学内利用料金

加工料金:内容に異なりますのでご相談下さい。
修理料金:1製品750円(スリなど別途材料が必要な場合は材料費を合わせて請求します)
「ガラス管価格表」

在庫支給(ガラス管、ビーカー、SPCjoint)

パイレックスガラス標準管(外径5~30mmは常駐)
その他の径のものは納品までに時間がかかる場合があります。
パイレックス肉厚管・石英管等特殊なものについてもご相談いただけます。

学内利用方法

加工依頼票に所用事項を記入し提出してください 依頼伝票」
依頼受付時間: 月~金(10:00~16:00)
依頼受付場所: 事務室(5533)、ガラス加工室(5862)
技術相談:水曜日(9:00~17:00)
時間外はメールにてご連絡ください。
E-MAIL:学内利用方法および利用料金

設備

ガラス旋盤 日善製作所製  型式 D-16-22
加工可能最大管径:160mmφ
チャック間最大距離: 1500mm
ベッド-孔中心間距離: 500mm
徐冷炉 田中化学機械製 自動温度調節器付(寸法 幅300 高200 奥600mm)
日本真空技術(株)製 型式 DLMSー33

参考文献

小ルツボ溶融による中間ガラス製造 1980.12 日本ガラス技術研究会
各種形状の成形に要するガラス素材量の計算式 1989.09 日本ガラス技術研究会
ガラス旋盤用バーナーシステムの製作とその性能 1997.07 技術研究報告会 名古屋大学
ガラス管及び球の許容内圧を求める図表 1998.03 ガラス工作技術シンポジウム 大阪大学産業科学研究所
ガラスセル等精密溶着加工の一方法 2000.06 技術研究報告会 岡崎国立共同研究機構