情報・通信系

小型環境試験器

メーカー エスペック
型番(形式) SH-642
設置場所 4号館827室
管理室 未来情報通信センター
公開範囲 学内外

-45~150℃の範囲で環境試験を行うための高温恒湿槽。上記試験を決められた温度で試験できるよう、ソフト連携も可能。

装置性能および仕様

温湿度範囲 -40~+150℃ / 30~95%rh
内寸 W400×H400×D400
ケーブル孔 左右にΦ25の孔を各1
備考 ・プログラムパターンのコピーやサンプリングデータ出力をUSBメモリーで行えます。USBメモリーポートを標準装備し、PCを使用せずに、装置間のプログラムパターンをコピーすることができます。
・装置に保存した温湿度データをUSBメモリーに出力することもできます。
・Webブラウザーで遠隔モニター・操作: 装置のEthernetポートに接続することで、PCやタブレットのブラウザーから、モニタリングが可能です。プログラムパターンの編集、運転パターンを選択、運転開始/終了することができます。
・E-mail通知: 万が一、装置の異常で警報が発生した場合、登録先にE-mailで警報内容を送信します。プログラム運転の終了も通知可能です

検索キーワード