化学分析・生命科学系

超伝導高分解能核磁気共鳴装置(NMR)

メーカーBruker
型番(形式)AV400N
設置場所22号館311室
管理室核磁気共鳴室
公開範囲学内のみ
学内利用機器分析受付システム

低分子の通常測定には十分な性能を有している汎用機です。

装置性能および仕様

磁石超伝導磁石方式(9.39テスラ)
観測周波数プロトン:400MHz
測定方式パルス波フーリエ方式
感度(13C)190
測定温度範囲-80~80℃
測定可能核種1H, 13C, その他
使用可能なNMR管Φ5mm
※長い試料管(コック付きなどの特殊管)でスピナーの上部から10cm以上の長さがあるものは、サンプルチェンジャーでの投入はできないのでNMR室にご相談ください
適切な試料溶液高40mm
サンプルチェンジャー60本

分析対象

状態液体、可溶固体、気体
物質有機物、錯体、高分子
濃度10 mmol/L以上
分析不可不溶物

測定例

COSY スピン結合している同種の核の関係を観測する二次元測定
NoD 重水素化溶媒を使用しないNMR測定

検索キーワード