化学分析・生命科学系

固体核磁気共鳴装置(NMR)

メーカーJEOL RESONANCE
型番(形式)ECA600II
設置場所22号館160室
管理室固体核磁気共鳴室
公開範囲学内外

固体NMRの特徴として「試料の形状を問わず基本的にそのまま測定できる」という点が挙げられます。従って多くの場合、特別な前処理などは必要ありません。また、本装置で可能な測定法は固体・液体試料問わず非常に多岐に渡り、溶液NMRで主に用いられる化学構造解析だけでなく,結晶・非晶構造や立体構造,分子運動性についても詳細に調べることができます。さらに、「拡散プローブ」を用いれば分子や原子・イオンなどの拡散移動性も調べられます。例えば、電池用材料中のイオンやゲル・高分子材料中の溶媒・気体分子の拡散係数が測れます。
本装置は分光器及び超伝導磁石、コンピュータ、各種検出器などから構成されています。 目的に合わせて検出器を選択し、超伝導磁石を装着して測定を行います。

装置性能および仕様

磁石超伝導磁石方式(14.1テスラ)
観測周波数プロトン:600MHz
測定方式パルス波フーリエ方式
検出器8mmMASプローブ
3.2mmMASプローブ
1mmMASプローブ
FGMASプローブ
拡散プローブ
広幅プローブ

分析対象

状態固体、液体、気体
物質有機物、無機物、高分子(いずれも結晶・非晶問わず)
必要量8mmプローブ:618uL
3.2mmプローブ:49uL
1mmプローブ:0.8uL
分析不可磁性を持つ試料

測定例

有機材料 セルロースナノファイバー 13C CPMAS測定
無機材料 セメントを29Si single pulse測定後、波形分離を行いました。
電池材料 固体拡散係数測定 原子の自己拡散係数がわかる

検索キーワード